« 2009年12月 | トップページ

2010年1月

人前で弾くこと

譜面を見ないでたった一人で人前で弾くということは、実はものすごい恐怖感を伴う。

それをはねのけるには、練習して自分を安心させるしか方法はないのだけれど、今回のように大作で難曲に臨むとなるとなかなか思うように技術面が伸びなくて、さてどうしたものか…

そういうときには、あきらめずに自分を励まして練習に臨むことと、メンタル面でその作品にぐっと入り込むしかやはり方法はないですね。大好き!という気持ちが恐怖感に勝てますように〜

ピアノのふたを半開にし、譜面台をはずして弾き始めたら、ハンマーの上り下りが面白く見えてきた。

昔の子どものおもちゃ、カタカタに似てるでしょ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

葬送ソナタ

あさっての発表演奏会に向けて、ショパンのソナタ第2番を練習している。

第3楽章は葬送行進曲。ショパンの葬儀のときに流れ、大勢の人が参列したそうだ。

昔訪れたマドレーヌ寺院を思い出したりしていたら、涙がとめどもなくあふれた。

わずか39年の生涯、どんなに無念だったろうか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ